予約前日にお酒を飲んでしまいました

予約前日にお酒を飲んでしまいました

 

脱毛前にお酒を飲むことはどこのサロンでも禁止されています。飲酒後にサロンに予約が入っているからと出向いても、サロンでは断られてしまうのです。その理由とは何でしょうか?お酒を飲むと血流が普段より良くなり体温が上がってしまいます。個人差はありますが、体温が上がると肌トラブルの可能性が高くなるから飲酒後の脱毛は断られてしまうのです。

 

アルコールが入ることにより肌が敏感になり、ちょっとの刺激で湿疹が起こったり、お酒のせいで体内の水分量を減少させてしまうことから痒みにつながるのです。サロンとしては肌トラブルが一番気を使うことでもあり、トラブルの可能性が高い状態での施術は決してやってはくれません。ではその程度の時間を空ければ良いのでしょうか?体内に取り込んだアルコール分は約12時間体内にとどまると言われています。

 

予約前日にお酒を飲んでしまいました

 

缶ビール1缶程度なら女性でも3時間くらいで分解されますが、飲む量や体質によってその時間数は変わってくるのです。脱毛の予約が入っている前日にどうしても避けられない飲み会があった場合はサロンの予約をキャンセルせざるをえないのです。サロンによっては当日のキャンセルにはキャンセル料がかかる場合も有りますので、お酒好きな方は契約時にキャンセルした場合のことを確認しておく必要がありますね。また飲酒をしてはいけないのは脱毛前だけではなく脱毛後にも避けなければいけないのです。脱毛した後は肌は軽い演奏状態にあります。

 

そこで飲酒をすると体温が上がることでさらに炎症をひどくする可能性があるからです。脱毛後は出来るだけ早く炎症を鎮めることに努めなければならないので、脱毛当日の飲酒も控えましょう。脱毛サロンへは大体2〜3か月に1度というペースですから、その時だけは飲酒を我慢しましょう。綺麗の為には何かを我慢することは大切です。せっかく脱毛したのに肌トラブルに!なんてことにならないように、脱毛の日は飲み会ではなく、友達と食事やショッピングを楽しむ日にするのも良いですね。

「佐賀 脱毛」として注目のサロンは、「エステティックTBC佐賀駅前店」があります。このサロンは名前の通り佐賀駅の北口を出て徒歩五分ほどの距離にあるため、非常に交通の便が良く、行きやすいところにあります。サロン内の様子は清潔な印象で、木のぬくもりを感じられるインテリアになっているのでとてもリラックスできるでしょう。「エステティックTBC佐賀駅前店」ではEPI脱毛やフェイシャルコースが人気となっており、リピーターが多い点が特徴的です。