VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

 

VIOのデリケートゾーンを脱毛する人が増えていますね。脇脱毛の次に人気の脱毛が、実はVライン脱毛なのです。VIOゾーンは水着を着るときにとても気になる部分ですね。せっかくビキニの可愛い水着も、ワキからムダ毛が生えていたのでは台無しです。100年の恋も一気に冷める・・(笑) またVIOのムダ毛が多い清潔感が無いですね。どうしても不衛生になりがちな部分なのです。

 

そんなVIO脱毛ですが、キレイに脱毛したいと思う反面、そんなところを人に見せるのが恥ずかしいと思う気持ちは誰でもあるものです。恥ずかしがる必要はないのですが、どうしても恥ずかしいと言う気持ちは仕方ないと思います。VIO脱毛の時にはどんな格好で施術されるのか、とても気になりますよね。VIO脱毛をするときにタオル性のガウンを腰のあたりに巻いて、下着を脱ぎ、紙製の下着に着替えて施術するサロンもあれば、そのまま全裸でする場合もあります。

 

VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

 

紙製の下着を貸してくれる方が若干恥ずかしさは軽減されますね。ガウンや下着を貸してくれるサロンでは、Oラインの場合、うつぶせになって頭からタオルを掛け、足を少し開いた状態でガウンをめくり、紙製パンツをずらして施術します。Vラインの場合は膝を立てて横に倒す姿勢で施術します。下着を課してくれるくれないは別として、どこのサロンでもこの姿勢は避けられません。露出部分が最小限になるように、体勢が変わるたびにタオルをかけ直してくれるような細かい気遣いをしてくれるサロンもありますから、そういったサロンを選べば恥ずかしさはかなり軽減できるのです。

 

始めは恥ずかしさ満載ですが、一度開き直ってベッドに横になってしまえば、気にならなくはなりますね。その時の恥ずかしさよりきれいになった時の嬉しさを考えていれば、あっという間に終わると言った感じになります。婦人科の診察に比べれば大したことない、と思ってキレイの為に、思い切って開き直ってみてください。サロンのスタッフも色んな人のVIO脱毛を何度も経験しているわけですから、自分が思うほど気にはしていません。気軽な気持ちで施術を受けることをお勧めします。

「佐賀 脱毛」として注目のサロンは、「エステティックTBC佐賀駅前店」があります。このサロンは名前の通り佐賀駅の北口を出て徒歩五分ほどの距離にあるため、非常に交通の便が良く、行きやすいところにあります。サロン内の様子は清潔な印象で、木のぬくもりを感じられるインテリアになっているのでとてもリラックスできるでしょう。「エステティックTBC佐賀駅前店」ではEPI脱毛やフェイシャルコースが人気となっており、リピーターが多い点が特徴的です。